メインメニューへ移動 メインメニューをスキップして本文へ移動 フッターへ移動します


ページの本文です。

ページ番号:J002564

岩槻藩遷喬館・鴻沼資料館・旧高野家離座敷

さいたま市桜区田島にある「鴻沼資料館」ってどんなところだろう? 小中学生向けに説明します。

この建物は、赤山街道と呼ばれる道筋に面した旧高野家の敷地内にあったもので、江戸時代末期の蘭方医・高野隆仙が主屋の離れとして建てたものです。

かつて現在のさいたま市中央区から桜区にかけて存在した「鴻沼」やその周辺地域について紹介する資料館です。地域住民から寄贈された、農具等の民俗資料を中心に展示しています。

「岩槻藩遷喬館」は、寛政11年(1799年)に、岩槻藩の儒学者である児玉南柯が開いた学校です。後に正式な藩校となり、岩槻藩の武士の子弟が勉学や武芸の稽古に励みました。

「岩槻藩遷喬館(いわつきはんせんきょうかん)」は、今からおよそ200年前の江戸時代に、児玉南柯(こだまなんか)という先生が開いた学校です。

現在、情報が登録されていません。