メインメニューへ移動 メインメニューをスキップして本文へ移動 フッターへ移動します


ページの本文です。

更新日付:2024年4月17日 / ページ番号:C007833

さいたま市のインフルエンザの流行状況

このページを印刷する

(この情報は、原則毎週水曜日に更新しています。)
感染症発生動向調査では、全国で約5,000か所、さいたま市内では43か所の小児科・内科診療を行っている指定届出医療機関(定点)の協力によりインフルエンザの流行状況を把握しています。

2023-2024年シーズンの経過

2023年第36週から、2023-2024年シーズン(2023年第36週~2024年第35週)となりました。
2024年第15週における1定点当たりの1週間の患者数は1.70人(報告数73人)でした。
※報告週の対応表はこちらをご確認ください。
23₋24インフルエンザ報告状況23₋24インフルエンザ報告状況
【定点当たり患者報告数の経過】

  • 下記の昨シーズン2023年第27週以降増加がみられ、第34週1.78人(71人)となり再び流行の目安となる「定点当たり1人」を超えました。
  • 今シーズンはじめとなる2023年第36週は8.40人(361人)となりました。
  • 2023年第37週に1定点当たりの1週間の患者数 10.63人(報告数:457人) となり、 注意報レベル(1定点当たりの1週間の患者数 10人以上)となりました。
  • 2023年第38週に1定点当たりの1週間の患者数7.62人(報告数:320人) となり注意報レベルを下回りましたが、第39週に1定点当たりの1週間の患者数 13.56人(報告数:583人)となり再び注意報レベルとなりました。
  • 2024年第1週に1定点当たりの1週間の患者数5.95人(報告数:238人) となり注意報レベルを下回りましたが、第3週に1定点当たりの1週間の患者数15.28人(報告数:657人) となり再び注意報レベルとなりました。
  • 2024年第13週に1定点当たりの1週間の患者数9.45人(報告数:397人) となり注意報レベルを下回りました。

2022-2023年シーズンの経過

2022-2023年シーズン(2022年第36週~2023年第35週)の定点当たり患者報告数はこちらをご覧ください 。
22₋23インフルエンザ報告状況22₋23インフルエンザ報告状況

【定点当たり患者報告数の経過】

  • 2022年第52週に1定点当たりの1週間の患者数 1.63人(報告数:57人) となり、流行開始の目安である「定点当たり1人」 を超えました。
  • 2023年第7週に1定点当たりの1週間の患者数 10.30人(報告数:412人) となり、 注意報レベル(1定点当たりの1週間の患者数 10人以上)となりました。
  • 2023年第10週に1定点当たりの1週間の患者数 17.73人(報告数:709人)となり、ピークに達しました。
  • 2023年第11週より減少し、第13週に6.05人(242人)となり、注意報レベルを下回りました。
  • 2023年第17週に1定点当たり1週間の患者数0.81人(報告数: 35人) となり 、流行の目安となる「定点当たり1人」 を下回りました。
  • 2023年第18週に1定点当たり1週間の患者数0.17人(報告数: 7人)となりましたが、19週以降増加がみられ、第21週1.40人(60人)となり、再び流行の目安となる「定点当たり1人」を超えました。
  • 2023年第25週に1定点当たり1週間の患者数0.33人(報告数:14人) となり、 流行の目安となる「定点当たり1人」 を下回りました。
  • 2023年第26週に1定点当たり1週間の患者数0.28人(報告数:12人)となりましたが、27週以降増加がみられ、第34週1.78人(71人)となり再び流行の目安となる「定点当たり1人」を超えました。

予防や療養の注意点などの情報

マスクヌゥ

インフルエンザの予防、自宅療養時の注意点などの情報は、下の関連リンクをご覧ください。
「咳エチケットを守りましょう」、「手洗いのポイント」、予防ポスターなどの情報も掲載しています、ご活用ください。

さいたま市感染症情報センターへ

参考情報

インフルエンザQ&A(厚生労働省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生局/健康科学研究センター/保健科学課 
電話番号:048-840-2250 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム