ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2024年5月17日 / ページ番号:C035771

メインコンテンツです。

健康科学研究センター屋上からの大気観察記録

このページを印刷する

健康科学研究センター屋上からの大気観察記録【 令和6年4月 】

健康科学研究センター(以下「センター」と表記します)環境科学課では、毎月センター屋上で有害大気汚染物質等モニタリング調査を行っています。センター屋上からは遠くの景色を見渡すことができ、天候や大気の状態によって約100キロメートル離れた富士山を望むことができることもあれば、近くのさいたま新都心ビル群すらかすんで見えることもあります。ここではモニタリング調査に合わせて屋上からの写真や観察時のデータを観察記録として掲載します。

掲載内容の詳細説明はこちらをご参照ください。

それでは大気観察結果をご覧ください。

1.屋上からの写真

撮影日時 令和6年4月23日 14時頃
撮影時天気 曇り
測定値(速報) SPM 4 μg/m3 Ox  40 ppb    
風向 SW 風速 1.6 m/s     
観察結果 空は一面薄灰色の雲に覆われており、日差しはありませんでした。周囲は薄暗く、遠方はかすんで見通しづらい状況でした。さいたま新都心ビル群は、曇り空を背景に薄暗い様子で観察されました。東京スカイツリーはかなりかすみながらも概形を確認することができました。富士山は姿をとらえることができませんでした。
さいたま新都心ビル群
(約2.3km先)
202404さいたま新都心
 
東京スカイツリー
(約25km先)
202404東京スカイツリー
 
富士山
(約100km先)
202404富士山
 

2.大気調査時の気温と湿度

202402気温湿度グラフ
 
4月23日9時から24日9時までの24時間の気温と湿度の変化です。
調査開始日の天気は曇り一時雨で、調査開始から夕方までは曇りで日差しはなく、昼前後にわずかな気温の上昇と湿度の低下がみられました。夜間には降雨によるとみられる湿度の上昇が確認されました。翌日の天気は曇りのち雨で、明け方に降り出した雨がその後も降り続け、気温は横ばい、湿度は高い状況が続きました。
 






 
 

3.ろ紙の写真

202404ろ紙
採取前         採取後


4月23日から24日にかけて、センター屋上で大気中の粉じんを24時間採取したろ紙です。
採取後のろ紙はやや薄い灰色でした。調査期間後半に降雨がありましたが、前半にある程度の粉じんが集められたと考えられます。
※ 令和5年度までは石英ろ紙、令和6年度からはPTFEろ紙を使用。

  
    

 

ブレイクショット

ここでは、毎月の大気観察記録とは別に観察された写真をご紹介します(不定期掲載)。

今回は、4月4日と8日に観察されたサクラ等の写真です。

3月29日、気象庁より東京のサクラが開花したと発表がありました。
その後、4月に入ると天候不良が続き、
青空の下でサクラの花を撮影する機会がなかなか得られませんでした。

4月4日の雨上がりの合間、
曇り空の下ながらも満開に咲くサクラの花と、
雨のしずくを従えたレンギョウを撮影することができました。

202404ブレイクショット1_0404サクラ木
202404ブレイクショット2_0404サクラ花
202404ブレイクショット3_レンギョウ
202404ブレイクショット4_レンギョウ雨しずく


そして、さいたま市立小中学校の入学式が行われた4月8日、
若葉との共演となりましたが、
新しい門出を彩るように咲くサクラの様子が観察されました。

202404ブレイクショット5_0408サクラ花
202404ブレイクショット6_0408サクラ木
202404ブレイクショット7_0408サクラと鳥

         
     
     

掲載月ダウンロードファイル(PDF形式)


 大気観察記録(令和6年4月)
   

平成25年度から令和4年度の大気観察記録については
こちら 〔資料館 > 専門科学情報 〕
をご覧ください。


令和5年度の大気観察記録については、以下の関連ダウンロードファイルをご参照ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生局/健康科学研究センター/環境科学課 大気係
電話番号:048-840-2265 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る