メインメニューへ移動 メインメニューをスキップして本文へ移動 フッターへ移動します


ページの本文です。

更新日付:2024年2月15日 / ページ番号:C097257

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に備えて

このページを印刷する

発熱などの体調不良時に備えて、準備しておきましょう

・新型コロナ抗原検査キット  
※国が承認した「対外診断用医薬品」を選んでください(「研究用」は国が承認したものではありません)
・解熱鎮痛薬

かかりつけ薬剤師・薬局にお気軽にご相談ください。
また、検査キットの購入等については以下をご確認ください。
【埼玉県】薬局、インターネット等での抗原定性検査キット購入について(新しいウィンドウで開きます)
【埼玉県薬剤師会】医療用抗原検査キット「販売対応」薬局リスト(新しいウィンドウで開きます)
【厚生労働省】市販の解熱鎮痛薬の選び方(新しいウィンドウで開きます)

・電話相談窓口の連絡先

埼玉県コロナ総合相談センター

受診先の確認や、医療機関を受診すべきか迷う場合の対応などを相談できます。

相談時間 電話番号 ファクス番号
(聴覚障がい者の方向け)

24時間、年中無休

0570-783-770
050-8887-9553
(ファックスによるご相談の場合は、
回答までお時間をいただく場合があります)

「コロナに感染したかも…?」と思ったら

医療機関に行く前に慌てずに症状や常備薬をチェックし、国が承認した検査キットを用いてチェックしましょう。

【陽性だった場合】
症状が軽い場合は、自宅等で療養を開始しましょう。
【陰性だった場合】
症状がある場合は手洗い等の基本的な感染予防対策を継続しましょう。

ただし、重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患を有する方、妊婦など)や、症状が重い等受診を希望される方は、事前に医療機関に連絡しましょう。
かかりつけ医のいる方は、まずはかかりつけ医など身近な医療機関にご相談ください。
かかりつけ医がおらず、発熱患者等の診療・検査を行う医療機関を探したい場合は、以下の検索システムでお近くの医療機関を検索できます。
【埼玉県】埼玉県指定診療・検査医療機関検索システム(新しいウィンドウで開きます)


▼厚生労働省作成のリーフレットはこちら▼
5月8日以降の感染拡大に備えて

感染対策について

高齢者や基礎疾患のある方が新型コロナウイルス感染症に感染すれば重症化リスクが高まります。
帰省等で高齢の方と会う場合や大人数で集まる場合は、感染予防を心がけ体調を整えるようにしましょう。
特に、通院や高齢者施設を訪問する時には、感染予防としてのマスクの着用が効果的です。
 
感染対策のポイント
【厚生労働省】感染対策・健康や医療相談の情報(新しいウィンドウで開きます)
 

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健衛生局/保健部/地域医療課 
電話番号:048-829-1292 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム