メインメニューへ移動 メインメニューをスキップして本文へ移動 フッターへ移動します


ページの本文です。

更新日付:2023年4月3日 / ページ番号:C096629

さいたまサステナブル都市サミット ~E-KIZUNAグローバルサミット~

このページを印刷する

Click here for English
ボーダー

  global summit

国内外の都市と互いに連携し、「経済・社会・環境」が好循環する持続可能な都市を実現するための効果的な政策や知見について、意見交換及び情報共有を行うとともに、パートナーシップを強化し、脱炭素社会の実現に寄与することを目的にサミットを開催しました。

会 期:2022年11月22日(火)~11月24日(木) 3日間
会 場:パレスホテル大宮(会議)/ソニックシティビル(展示)  
    埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7‐5
テーマ:持続可能な都市の実現に向けて、今、わたしたちがすべきこと
主 催:さいたま市
共 催:一般社団法人 イクレイ日本
後 援:外務省、経済産業省、国土交通省、環境省

各セッションのテーマ:
   全体セッション:グローバルな課題と地方公共団体の役割
   分科会1:地域RE100の実現と地域マイクログリッドの構築
   分科会2:持続可能な都市のための次世代モビリティサービス
   分科会3:気候変動に適応したレジリエントな都市づくり
   分科会4:脱炭素社会へ向けた次世代エネルギー戦略
   分科会5:モビリティのZero Emissionへの挑戦
   分科会6:公民連携によるデータ利活用型スマートシティの持続的な発展

ボーダー

主催者挨拶 ~サミットを終えて~


mayor

 2022年11月22日(火)から24日(木)3日間の日程で「さいたまサステナブル都市サミット~E-KIZUNAグローバルサミット~」を開催しました。海外9カ国、15都市をはじめ、国内22都市や50企業、団体など、300名を超える皆様にご参加いただきました。
「持続可能な都市の実現に向けて、今、わたしたちがすべきこと」をテーマに、それぞれの都市・企業が抱える課題や取組について一堂に会し、意見交換や情報共有を行えたことで、参加された皆様同士の絆が生まれたと考えています。
 未来を担う子どもたちのために、これから先も、豊かな自然とともに人々が快適に住み続けることができる地球環境をパートナーとともに残していきたい。この思いの実現を目指し、開催したこのサミットをきっかけに、今後、いっそう都市が協力しながらそれぞれにおいて持続可能な都市の実現に向けた取組を進め、これらの取組の輪が広がっていくことを期待しています。
 最後になりましたが、開催に御尽力いただいたイクレイ日本の皆様をはじめ、参加者や関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

sign

ボーダー

Speakers
サミット登壇者の集合写真

ボーダー

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/未来都市推進部 環境未来都市推進担当
電話番号:048-829-1457 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム