メインメニューへ移動 メインメニューをスキップして本文へ移動 フッターへ移動します


ページの本文です。

ページ番号:J005914

スマートシティさいたまモデルの推進

「スマートシティさいたまモデル」とは、本市の副都心である美園地区を、さいたま市が目指す理想都市の縮図とすることを目指して、市民生活を構成する様々な分野を対象に、AIやIoT、データを活用することで、様々な社会課題を解決する生活支援サービスを提供するとともに、人と人とのつながりであるコミュニティを形成する取組みを並行して実施することで、市民生活の質の向上などを目指す事業です。

「スマートシティさいたまモデル」の構築に向けては、データ、モビリティ、エネルギー、健康、コミュニティの5つの分野を中心に、「公民+学」が連携しながら、様々なプロジェクトに取り組んでいます。

「スマートシティさいたまモデル」では、様々なデータを組み合わせて利活用することによって、新たなサービスを創り、市民生活の質を高めていくことを目指しています。そのため、データを管理・分析するための、「共通プラットフォームさいたま版」(都市OS)を基盤として、データを利活用した新たなサービスの創出に向けた実証・実装に取り組んでいます。

当分野でのプロジェクトでは、スマートシティさいたまモデルの実現のため、低(脱)炭素化と地域の日常の足、来街者の移動支援を目標に取り組んでいます。

当分野でのプロジェクトでは、スマートシティさいたまモデルの実現のため、平時の低(脱)炭素化や災害時のエネルギーセキュリティの確保を目標に取り組んでいます。

「スマートシティさいたまモデル」では、デジタル技術を活用した快適・便利な生活の実現を目指すだけでなく、住民同士のつながりによって地域をより良くしていく、「人と人とを絆で結ぶスマートシティ」を目指して、人と人とのつながりであるコミュニティを育む取組を実施しています。